ミニッツメイドの相関性考察

前回の記事にて沢山のお問合せや個別コメントを頂きましたので

引き続き、この流れで記事を書こうと思います!

さて、ファンタプレミアムにひっそりと記載されている(※詳しくはコチラ)

 

ミニッツメイド

ミニッツメイド社は1945年、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストンにて創業の
高品質な果汁飲料製造ブランドの大企業。
また現在はコカ・コーラ傘下の子会社に位置します。

 

 

出典:Wikipedia

 

米国のコカ・コーラ カンパニーでも日本同様の商品展開をしており
コングロマリット(巨大複合企業)として、

世界中の果実飲料市場を席巻しております。

ミニッツメイド社自体はBtoB(企業間取引企業いわゆる業務用)なのですが、

基幹ブランド(NB:ナショナルブランドの意味)
としてもミニッツメイドを展開しております。

ブランド構造上ではコカ・コーラブランドの中の

個別ブランドがミニッツメイドであり、

一方で【成分ブランド】の性質も機能として持っています。

【成分ブランド】とは、産業財ののように本来は消費財とは一線を画した
価値を提供するブランドです。
エンドユーザーには直接エンドユーザーの手に届かないものが多いです。

例えば、デュポン社のフッ素。

フッ素テフロン加工は用途に応じてフライパンになったり
歯磨き粉になったりします。

みなさん目にしたことあるのではないでしょうか?

この様な成分ブランドでありながら消費財ブランドを持つ部分が
ユニークですね!

例えば、何気ない飛行機内の提供ジュースとかJALのPB
サブブランドとして機内サービスが付いてくるんです。
この場合は、

JALでしか提供していないオリジナルオレンジジュース
by ミニッツメイドになるわけです。

消費者にはJALオリジナルよりも、

その背景にあるブランド成分がミニッツメイドであり、その方が
消費財として価値を得れるからです。

このように表現するバランスがとても繊細に設計されないと、
このような成分ブランドは成立しないわけです。

前回のファンタプレミアムも同じで

●ファンタ→高級ファンタを中年世代に売り出したぞ!
●ファンタは砂糖の固まり→いえいえ果実飲料のミニッツメードですよ!
●ファンタブランドとコカ・コーラとミニッツメイド三つ巴→
ファンタxミニッツメイドの方が消費者に届く設計

というストーリーだと推測します!

もし皆さんも自社内や他社とのコラボが発生した時に、
この様にわかりやすい例えを持っているとブランド整理や設計に役立つかもしれませんね!

今回はこの辺りで!

次回はもう少し掘り下げて(まだやるのか!と突っ込まれそうですが💦)

このミニッツメイドによってブランド戦略が大きく変わった
もう一つのコカ・コーラブランドをお伝えします!

~本文はあくまでも島が毎日暮らしている中で感じたブランド戦略を

個人的な考察をまとめたものです あらかじめご了承ください~

 

 

 

★弊社では地域社会や地方で頑張る皆様のブランディングのご相談を
承っております
「地域一番のお店を作りたい」
「地元に愛される発信基地になるにはどうしたらいい?」
「Iターン受入れや町おこしをどうすればいいの?」など
悩んでいる皆さまお気軽にご相談ください

★地域ブランディングの本 出版販売中★
タイトル「はたらく場所のえらび方」
出版社:ギャラクシー出版

※Amazonでのオンデマンド出版です。一般書店ではご購入いただけません
直接購入の場合はコチラよりお問い合わせください

 

 

 

  • Please join us!

ページ上部へ