~イチからはじめるブランド講座~⑤ テーマ『ブランドは貨幣〇〇的な価値を持つ機能』

ブランディングのススメ
~イチからはじめるブランド講座~⑤

今回のテーマ『ブランドは貨幣〇〇的な価値を持つ機能』

ブランドがシンボライズした象徴的なカタチを示すもの

シンボルマークの事?という話をよく聞きます。

ブランドがない商品と

ブランドが付加されている商品では

お客様のうける印象がが違うので結果経済活動が違ってきます

ではこのブランドは何と交換して経済活動や社会活動を
しているのか?
という事も考えられます

わかりやすいのはモノ(商品)として
貨幣経済価値に換算するという事が
できます

これは素晴らしい機能ですね

色んな物差し(基準)があるので

貨幣価値で計るとわかりやすくなります

 

 

例えば、

 

「マネケン」のワッフルがあります
カロリー高いのわかってるのですが
美味しいんですよね
主要な駅に小さいスペースで
バターの匂い充満させて売ってます」

チョコレートワッフル ¥150です

これが¥150の価値があるかどうかです

この価値が高い(買う)

低い(買わない)

と考えると

2択でシンプルです

自分の思う価値感より高いと感じたら買わない
価値が対価に見合っていないという事ですね

「マネケン」には。。。。。

ベルギー生まれ
本場のワッフル
カロリー高い
甘くて美味しい
主要な駅中スペースで手軽に買える
バターの匂いが印象的
店舗がヨーロッパの老舗っぽい
値段がお手頃
自分やカジュアルなプチギフトになる

などなど
上記の要素が
複雑に織り交ざっています

冒頭の質問

「ブランドがシンボルマークの事?」

を思い出すと、そうではないですね

この様に貨幣価値で計っていくとシンプルにわかりやすいかと思います!

 

『ブランドは貨幣経済的な価値を持つ機能』

と憶えておいてください

 

ではまた次回をお楽しみに★

★弊社では地域社会や地方で頑張る皆様のブランディングのご相談を
承っております
「地域一番のお店を作りたい」
「地元に愛される発信基地になるにはどうしたらいい?」
「Iターン受入れや町おこしをどうすればいいの?」など
悩んでいる皆さまお気軽にご相談ください

★地域ブランディングの本 出版販売中★
タイトル「はたらく場所のえらび方」
出版社:ギャラクシー出版

※Amazonでのオンデマンド出版です。一般書店ではご購入いただけません
直接購入の場合はコチラよりお問い合わせください

  • Please join us!

ページ上部へ