~イチからはじめるブランド講座~⑦ テーマ『知って納得!ブランドを構成する3つのvalue』

ブランディングのススメ
~イチからはじめるブランド講座~⑦

◎ロコール流ブランドアプローチ◎

ブランディングとは他分野にわたる体系が集まった概念です。
難しい学術論ではなく、初めてでもわかるようにメモとして始めました。わたくし自身多くの皆様にお伝えする事で
更にわかりやすくできると思いここに記すことにしました。

こんかいのテーマは『知って納得!ブランドを構成する3つのvalue』です

皆さんがモノやサービスを購入する際
その時点で何らかの目には見えていない価値が
発生しています

これらは翻訳すると価値と言いましょうか
英語ではvalueという表現が正しいかもしれません。

このvalueには3つありまして

search value experience value credence value と呼ばれるものです。

一つめsearch value
サーチ=検索する価値とは
その商品やサービスを購入する以前に得る価値の事 
レピュテーションサービスや
レピュテーションリスクなどといった言葉がございます

それは(reputation)評価・レビューの価値の価値を意味します

全く評価のないものに価値があると考えるのは通常難しいです

二つめはexperience value
経験の持つ価値
その商品やサービスを使うことによって初めて得れる経験や価値の事を言います
なるほどこういう商品(サービス)かぁと価値をインプットするわけです

そして三つめは
クレデンス=信頼や信任を得る価値
安心して任せれる価値があるかどうか?これが重要なポイントになります

いくら評判を聞いて
その商品を使ったとしても
信頼がないと人は満足しません

ブランドを構成する心理プロセスはこのように
価値形成を段階的に考えるととても分かりやすいかなと思います

簡単な事例を一つ挙げてみましょう

知る人ぞ知る、まるよの茶屋つゆパフェ」という商品があります

静岡御前崎にある地域一番のカフェで

(search value)

粉末にした茶葉と地元フルーツふんだんに使ったパフェ
( experience value)

インスタグラマーもフォローするパフェ好きにはたまらない味
全国から買い求めに来られます
(credence value)

結果
都市部への出店依頼が後を絶たないブランドとなるわけです

今回はこの辺りで!次回をお楽しみに~

★弊社では地域社会や地方で頑張る皆様のブランディングのご相談を
承っております
「地域一番のお店を作りたい」
「地元に愛される発信基地になるにはどうしたらいい?」
「Iターン受入れや町おこしをどうすればいいの?」など
悩んでいる皆さまお気軽にご相談ください

★地域ブランディングの本 出版販売中★
タイトル「はたらく場所のえらび方」
出版社:ギャラクシー出版
※Amazonでのオンデマンド出版です。一般書店ではご購入いただけません
直接購入の場合はコチラよりお問い合わせください

直接購入の場合はコチラよりお問い合わせください

 

  • Please join us!

ページ上部へ