~イチからはじめるブランド講座~⑧ テーマ3部作『3タイプの近代ブランドの誕生~革新編~』

◎ロコール流ブランドアプローチ◎

ブランディングとは他分野にわたる体系が集まった概念です。
難しい学術論ではなく、初めてでもわかるようにメモとして始めました。わたくし自身多くの皆様にお伝えする事で
更にわかりやすくできると思いここに記すことにしました。

今回のテーマは3部作『3タイプの近代ブランドの誕生~革新編~』

近代のブランド史では産業革命後に様々な革命がおこります
その中には
パッケージ(容器)や包装材を用いた
商品が飛躍的にブランドビジネスの基盤を
作ることになります

時代はおおよそ1870年以降から進化を遂げます

今回の事例は
「味の素」を参考に
出してみます

味の素は皆さんも良く聞いたことのある日本を代表する調味料です

100年以上も前の1907年鈴木三郎助が製薬会社を設立
そこでグルタミン酸ナトリウムの製造特許を取得し販売しだします

うまみ成分の化学調味料として今までにない食用調味料が世に出回ります

当初画期的ではあるものの非常にコスト高で思うように売れないまま
販促・広告に力を入れていきます

その後瓶入りで認知度が少しづつ
拡大していく訳です

しかし「味の素」が爆発的に認知ブランドになっていくのは

実は発売後40年以上後の話なんです!

1951年に

瓶入り登場します

その後大きな飛躍を遂げるのが

穴付き容器のふりかけ式にしてから
なのです。

そうなんですよ

基材は当時画期的な化学調味料であったのですが

ブランドとしてイノベーティブな役割を担ったのは

「使いやすい容器」だったんですね

この様にいくら良いものを製造しても

顧客へのアプローチや利便性を形にしないと
ブランド認知が進まないという事です

今日はこの辺りで!
次回は 巨大企業の
近代ブランドを書いてみます

お楽しみに★

★弊社では地域社会や地方で頑張る皆様のブランディングのご相談を
承っております
「地域一番のお店を作りたい」
「地元に愛される発信基地になるにはどうしたらいい?」
「Iターン受入れや町おこしをどうすればいいの?」など
悩んでいる皆さまお気軽にご相談ください

★地域ブランディングの本 出版販売中★
タイトル「はたらく場所のえらび方」
出版社:ギャラクシー出版

※Amazonでのオンデマンド出版です。一般書店ではご購入いただけません
直接購入の場合はコチラよりお問い合わせください

  • Please join us!

ページ上部へ